2015年11月22日

ヤンイボイモリ (Tylototriton yangi)

Tylototriton_yangi_001.jpg

新たに種分けされたイボイモリです。まぁ、過去に入っていたコイチョウイボイモリ(Tylotriton kweichowensis)と比べたら違いは簡単なんですけどね。最近コイチョウとして入ってきていたタイプも殆どヤンイボイモリだと思います。

餌付けは、イボイモリ導入の鉄則として焦らない事(笑)イボイモリは本当に環境に馴染まないと食べてくれないので、焦らず無理して餌をあげないってのが飼育していて大事だなと思いました。シセン導入した時なんて数ヶ月食べないとかありましたし(汗)

まぁ、うちの個体もでしたが慣れさえすれば人工飼料も全然いけると思います。

餌を食べなくて不安な場合は、イエコの後脚を外して投げ込んで静かにしておくのが一番良いかなと思います。

餌の話ついでに…。最近は、飼育個体の数やレプトミン問題で人工飼料に拘らずに餌を与える様になりました。一応、全個体に与えるためにピンセットからあげていますが、正直コオロギ投げ込みが一番楽ですね。

Tylototriton_yangi_002.jpg

飼育環境はこんな感じで、素焼きの植木鉢半分のシェルターと水入れでやってます。床材は赤玉で、乾燥気味にしています。

この個体も導入直後から安定はしていますが、まだフルアダルトには程遠いのでじっくり育てていければと思います。

posted by moi at 01:04| Comment(4) | ヤンイボイモリ