2016年04月06日

ムジハラサラマンダー (Salamandra infraimmaculata)

Salamandra_infraimmaculata_001.jpg

Salamandra_infraimmaculata_002.jpg

Salamandra_infraimmaculata_003.jpg

今年はレア物の当たり年なのか、アルプスサラマンダー亜種(s.a.auroraeやs.a.pasubiensis)に引き続きまたやばい(良い意味で)のが入って来ました。過去に国内にもCBの小さいのは2、3回入っていたのは知っていましたが、今回は大分育った個体(現在20cm強)で入って来ました(某ATさんのtwitter見る限り、現地の研究者の採取個体が回ってきた感じでしょうか…)

そんな訳で、ムジハラサラマンダー(Salamandra infraimmaculata)です。

その見た目からも過去はファイアサラマンダーの亜種扱いで、ムジハラファイアサラマンダーと呼ばれていたこともありますが、現在は単独の種に昇格しております(ムジハラ内で亜種もいる様です)

ファイア属として見た場合でも、最大になる種で30cmオーバーの個体もかなり多いみたいです。

ムジハラは現在、イラン・イラク・イスラエル・レバノン・シリア…と、普通に採取に行ける様な国には存在していません。現地の荒れ模様も凄まじいのでかなり絶滅を危惧されている種になります。

ペアでいるのでどうにかして上手く繁殖までいってくれたら嬉しいんですけどね(お財布的にも(笑))

生体はめちゃくちゃ調子が良く、ハイゴケに潜っている事が多いです。潜って悪い事は無いので環境的には大丈夫なのかな。餌はイエコをピンセットから食べてくれるので安心です。

<飼育環境>
特大フラット(43.5cm×34.5cm×19.8cm)・床材(炭化コルク)・シェルター(植木鉢)・餌(イエコオロギ)・その他(ハイゴケ)

posted by moi at 00:00| Comment(5) | ムジハラサラマンダー