2017年03月03日

テンディファイアサラマンダー (Salamandra salamandra alfredschmidti)

自分メモによると昨年の3月にテンディの親種コロニーが壊滅しておりました…。アダルト3prいたんですが皮膚病で1雌残して全滅。お財布にも精神的にもきつかった…

S.salamandra_alfredschmidti_004.jpg

で、その後良い雄も見つからずに(正確にはやる気が出ず…)雌だけ飼育していましたがお腹がやたら大きかったのです。

S.salamandra_alfredschmidti_005.jpg

S.salamandra_alfredschmidti_006.jpg

でも1年位何もないし、雄もいないし。まさか幼体がお腹なの中にいたとは…。尻尾から産む所は確認しまして、3匹だけ陸地にいきなり産んでくれました。幼体で産むのも初めて見たので感動しました。

S.salamandra_alfredschmidti_007.jpg

親種がパターンレスのブラック個体がいたのでその血も次いでるのかな? アトラみたいな真っ黒な個体が2匹と、ノーマルなのが1匹産まれました。

いやー、それにしてもレア血統を引き継げて良かったです。

あ、他の種もぼちぼち産みだしました(早く記事にしないと…)

2015年06月19日

テンディファイアサラマンダー (Salamandra salamandra alfredschmidti)

Salamandra_s_alfredschmidti_001.jpg

Salamandra_s_alfredschmidti_002.jpg

Salamandra_s_alfredschmidti_003.jpg

憧れの種、テンディファイアサラマンダーです。しかも、アダルト! EUでもレアとされている色変の黒テンディもいたりします(笑)

元はイベリアファイアサラマンダー(Salamandra salamandra bernardezi)と同一種になっていましたが、2006年辺りから別亜種になった、スペインのテンディ渓谷にいる個体になります。

黄色がスプレーで噴いた様な色合いになっていてかなり味があります。色合いといい顔付といい好みです。テンディは、派手な様で渋いファイアですよね。

すでにアダルトで、♂2・♀3のペアなので、今年はしっかり飼い込んで来年産ませてみたいです。有尾専用部屋とお手伝いさんが増えたとはいえ、繁殖も自分が出来る数が限界もあるので、来年は5種以下でいきたいです。

そんな中、ブリード候補としては1番になります。

ギグリオリ等と同じで、幼生ではなく幼体をそのまま産む(幼生を産む場合も有)らしいので見てみたいですね。

無事産まれましたら、今幼体を育てているどようさんに色々教えてもらいます(笑)

飼育環境としては、ファイア系では初めての大磯を使ってみました。これで調子良かったらメンテ等楽なので継続して使いたいと思っています。

<飼育環境>
プラケ(43cm×34cm×26cm)・大磯・ウェットシェルター(M) x2個
<餌>
レプトミン・ハニワ・イエコ