2017年11月27日

フランスファイアサラマンダー (Salamandra salamandra terrestris) / ソリング産

Salamandra_s_terrestris_003.jpg

テレストリスのハイイエロー(ソリング産)の2017CB幼体です。こちらはtaroさんから里子にお迎えして、飼育しておりました。

Salamandra_s_terrestris_004.jpg

餌は最初なかなか餌付きませんでしたが、ハニワ→レプトミンでいけました。ただ、自分は有尾類は絶対的に単食はやめた方が良いと思っているので、ハニワ、ミミズ等も与えています。

taroさんから来る個体は本当にクオリティ高いので、毎回尊敬しか出来ません。自分も見習わねばと思います。

Salamandra_s_terrestris_005.jpg

飼育環境は全ファイア幼体共通で、炭化コルクと炭化コルクシェルターにしています。これですごい安定しているので、変更はないかな?


2015年09月05日

フランスファイアサラマンダー (Salamandra salamandra terrestris)

Salamandra_s_terrestris_001.jpg

Salamandra_s_terrestris_002.jpg

みんな大好きテレストリス。某P店でも先予約でいっぱいらしいですね。

うちにも2個体いますが、ドノーマルのテレストリスですね。

僕の周りの有尾飼いの人達は、テレストリス大好きな方が多いので個体も見せてもらうのですが、みんな黄色が綺麗にのっていて美個体なんですよね。テレストリスはテレストリスなんで良いんですけど、綺麗な個体はあまり入荷されないですよね。

自個体は餌食い含め状態もそこそこに良いので、今の所まったり飼育しております。

フランスは地域個体群が色々いるので、そのあたりもいつか飼育してみたいですね。

画像に写ってる床材は最近お気に入りの炭化コルクです。ブログ友達のサラさんのを真似してみたところとても自分に合うので多用しています。ファイアは殆どこれで、イボイモリなんかやマダラも使い始めています。

軽い、掃除が楽、炭化効果で脱臭、清潔、餌のばら撒きにも対応し易い、とメリットが多いのです。

デメリットといえばケージのサイズにカットするのが面倒な事くらいですかね。あ、湿度もちょっと高くなりがちなので乾燥気味の種には不向きかもしれません。

そうそう、ファイア繋がりでテンディが繁殖行動をしていました。いつもは気弱な雄が雌を追いかけて抱え込むの姿は色々な意味で感動ものでした。