2016年09月15日

クロカタスツエイモリ (Neurergus crocatus) / Choman(Iraq)産

Neurergus_crocatus_003.jpg

Neurergus_crocatus_004.jpg

CB化されて出回っているのが、スポット大き目のイラクのAqrah産の個体です。うちにもちっこいのがいます。フルアダルトだと多分一番スポットが大きくなるので見栄えが良い種。

Neurergus_crocatus_005.jpg

で、今回紹介するのはレア産地のイラク、Choman産です。スポットが細かく入るタイプですね。しかもフルアダルト。超でかいです(笑) 大きくは書けませんが多分CBという名のWCなのかなぁ…。

一概にクロカタスツエイモリと言えど、結構見た目も違う産地個体群は割といるみたいです。この辺りも面白いですよね。

繁殖に関しては、EUのブリーダ曰く水質重視でやるのが良いみたいなので、秘密兵器の現地の石灰岩を使おうと準備しています。

<飼育環境>
プラケ(36.5cm×21.5cm×25.0cm)・床材(大磯砂(小))・シェルター(石、流木+ミクロソリウム)・機材(水心SSPP-3S+水作スリムエイト)・餌(冷凍赤虫、人工飼料)・その他(石灰岩使用予定)

posted by moi at 04:32| Comment(0) | クロカタスツエイモリ

2015年11月23日

クロカタスツエイモリ (Neurergus crocatus)

Neurergus_crocatus_001.jpg

飼育仲間さんから里子に来ました、クロカタスツエイモリです。ツエ系は語りたい事が沢山あるのですが…話すとまぁ長くなるので(笑)

一応、種で言うと…

・クロカタスツエイモリ (Neurergus crocatus)

・ストラウヒツエイモリ (Neurergus strauchii strauchii)(基亜種)
・バランツエイモリ (Neurergus strauchii baranii)(亜種)

・クルドツエイモリ (Neurergus derjugini derjugini)(基亜種)
・コモンツエイモリ (Neurergus microspilotus)(亜種)※学名付いてますが、まだ確定種にはなってないみたい。

・カイザーツエイモリ (Neurergus kaiseri)

と、なっています。

有尾界の皇帝、カイザーツエイモリ(Neurergus kaiseri )様はCITESの問題で飼育する機会が限られていますが、他の飼育可能なNeurergus属の中ではクロカタスが一番格好良いと思うんですよね(お洒落さんはストラウヒ(Neurergus strauchi strauchi))

ただ、クロカタスは三国をまたいで生息し、地域個体が結構いるのでスポットの入り方もかなり違います。国内流通している個体はほぼイラクのやつですね。トルコ産のが面白い個体なので飼育してみたいですけど。

知り合いのドイツ人ブリーダー曰く、一番繁殖も狙いやすいツエイモリらしいです。確かにクロカタスのCBは供給過多にしか見えない位国内に入って来ていますよね。

ツエイモリは繁殖可能なアダルトサイズに持ち込むまでがやたら時間が掛かるのと、やはり水棲に持ち込んで落ちる個体も多いのであまり乗り気では無いんですけどね(笑)

Neurergus_crocatus_002.jpg

気長にやりましょうかね…。

posted by moi at 00:06| Comment(6) | クロカタスツエイモリ