2017年01月20日

サメハダイモリ (Taricha granulosa)

Taricha_granulosa_008.jpg

今年の春に繁殖を狙って水棲飼育にしていましたが全く産まず(汗) その後一度陸棲形態に戻しましたが、状態が良くないのでそのまま水棲飼育にしていました。水棲み飼育だと相当楽に飼育できるので助かります。

Taricha_granulosa_004.jpg

その後、9月頃から雄が雌をかかえる繁殖行動をしつこく取っていたので、どうなるのか見守っていたら10月31日に産卵を確認しました。産卵場所は流木や陸地の水際等に多く、水面近くの物に産みつける事が多かったです。管理の面で水草に産んで欲しかったのでアナカリスに産んで貰うことになりましたが…。

Taricha_granulosa_005.jpg

雄、雌2のトリオでしたが無事に2匹共産卵して結構な数が出ました。繁殖時期についてはオキナワシリケン等も12月前後に産んだりするのでそんな感じなのかなと。

卵は早めに回収しないとやたらと親が食べてしまうので注意ですね。

Taricha_granulosa_006.jpg

Taricha_granulosa_007.jpg

今は10匹単位で個別にしてブラインとイトメで飼育しています。

北米種は入荷も全く未定なのと大好きな種なので、出来るだけ数は採りたいなとは思っています。
そして国内入荷時には、カリフォルニアイモリ(Taricha torosa)説もありましたがこれで完全にサメハダ認定で良さそうです。

<飼育環境>
ケージ(43.5cm×34.5cm×26.0cm)・床材(大磯砂(中))・シェルター(流木等)・機材(水心SSPP-3S+水作エイトS)・その他(ミクロソリウム)・餌(人工飼料)


posted by moi at 18:18| Comment(0) | サメハダイモリ

2016年02月04日

サメハダイモリ (Taricha granulosa)

Taricha_granulosa_001.jpg

(水棲移行前・個体画像)

えー、あれ…? 前回からこんなに長く記事書いてなかったのか…。

個人的には大好き、サメハダイモリです。いかにもイモリ風な風貌をしつつ、雄がかなり大型なので格好良いです。状態も良い2ペアがいるので、年明けから繁殖ケージを組んでみました。

溺れるのも怖いので少しずつ水位を上げていますが、割と入水したままで繁殖行動(雄が雌を抱え込む)をしているので期待できそうです。

Taricha_granulosa_002.jpg

こんな感じでずっと雌を抱えてます。微笑ましい…。

Taricha_granulosa_003.jpg

陸場は100均ケースに大磯入れた簡単仕様。掃除も楽です。水草にアナカリス、流木等で
隠れ場所、足場の確保。頻繁な水替えが面倒なのでフィルターを回しています。

普段は狭いケージで飼育しているので、繁殖用のケージに移すとテラリウムを作りたくなります(笑)

<飼育環境>
ケージ(43.5cm×34.5cm×26.0cm)・床材(大磯砂(中))・シェルター(植木鉢)・機材(水心SSPP-3S+水作スリムエイト)・その他(アナカリス、流木)・餌(レプトミン、ハニーワーム)

posted by moi at 15:46| Comment(0) | サメハダイモリ

2015年05月19日

サメハダイモリ (Taricha granulosa)

Taricha_torosa_001.jpg

Taricha_torosa_002.jpg

Taricha_torosa_003.jpg

有尾にはまってから、一番出逢いたかった種のひとつになります。インボイスはカリフォルニアイモリで入ってきたみたいですが、サメハダイモリっぽいのでサメハダで記載しています。

カリフォルニアイモリは現地保護がきついので、WCはほぼ入手できないと思っています。なので、個人的に海外の方にドイツCBを頼んでいます。

今回の入荷は♂が殆ど入らなかったみたいで、周りの方々もペア取りに苦戦していました(汗)自分は、ずっと憧れの種でしたので頑張って、♂・♂・♂・♀・♀でお出迎えしてあります。もう完全に繁殖するぞ〜って意気込みです(笑)

地味ですが、顔はキュート。でも、有尾一毒性が強い…なんて素晴らしい…。

それにしても今年は北米種当たり年ですねー。

※東レプは初日は飲み会の二次会へ。イベント自体は結局2日目に一人寂しく行って来ました。と、いってもお世話になっている店舗様へご挨拶 & 取り置きの生体を受け取りに行っただけですが。なので生体の為もあって1時間位で会場は後にしてしまいました。イベントは何人かでわいわい見た方が個人的には好きです。

<飼育環境>
プラケ(36.5cm×21.5cm×15.5cm)・赤玉土・水苔・ウェットシェルターM・ポトス
<餌>
レプトミン・ハニーワーム・イエコオロギ

posted by moi at 00:34| Comment(6) | サメハダイモリ