2015年02月25日

スライミーサラマンダー (Plethodon grobmani)

suraimi_003.jpg

suraimi_004.jpg

1日で2記事目です(笑)

あれから、産地違いを導入してみたり。いや、プミリオさんへのお布施です(笑)

一応、雌雄揃ったのですがスライミー…ムハイサラマンダーって水場を一切使わず、産卵するんですよね。子を採りたいというよりもその産卵体系を見てみたいですね。

夏場が怖いですが状態良い子達なのでまったり飼育していきたいですね。

この子達を撮影するには、シェルターどかすかいきなり部屋の電気付けて撮るかの2択…だと思っていたら1匹だけベタ慣れでいつも人の顔を見ると寄ってくる子が…。

こ、こんなのプレソドン科(Plethodontidae)じゃない…。

他の子達は、人影見ると動きがめちゃ早くてきも可愛い動きをして逃げ出します。

<飼育環境>
プラケ(17.5cm×10.5cm×10.5cm)・赤玉土・水苔・ウェットシェルターS・ポトス
<餌>
ハニーワーム

2015年02月05日

スライミーサラマンダー(サウスイースタン) (Plethodon grobmani)

suraimi_001.jpg

suraimi_002.jpg

ぴーなっつ!さんとご一緒した時に購入。滅多に入らない、安いが後押ししてくれました。北米種というだけでかなり高い購入確率だったのですが(笑)

今回導入したのはスライミーサラマンダー(Plethodon glutinosus)のレア種ですね。スライミーは地域分布が広いので、色々な種類がいるみたいですね。

見た目もかなり綺麗なんですよね。側面、腹部に白い細かいスポット、背には金の模様と豪華です。この子もペアで入れたかったんですが、お決まりの1匹だけでしたので今後に期待ですね。

強めに掴んだり、危険を察知するとめちゃくちゃ粘々な体液? 粘膜を出します。ノリみたいな。そのためだとは思いますが、和名がまた酷い(笑)ヌメサンショウウオって…。

この種も繁殖に成功している方もいるらしいので、狙いたい種です。

ただ、ブチイモリで学んだんですが難関種、初めて飼育する種は1匹入れてみて慣れる、状態を掴むのが良いのかもしれません。中々入らない種なんかはどうしてもいきなり数を導入したくなるのですが。

高温に弱い種なので、夏場対策をしていこうと思っています。

<飼育環境>
プラケ(17.5cm×10.5cm×10.5cm)・赤玉土・水苔・ウェットシェルターS・ポトス
<餌>
ハニーワーム