2016年09月12日

ホクオウクシイモリ (Triturus cristatus) / 2015.CB & 2016.CB

Triturus_cristatus_010.jpg

Triturus_cristatus_011.jpg

クシ系の中でもかなり大きなクレストを見せてくれる、ホクオウクシイモリ(キタクシイモリ)です。2015CBは数が出たので里子等に出しましたが、手元にはまだ20匹位います。

Triturus属は変態時にそのまま水棲になる個体と陸に上がる個体がいるのですが、陸に上がる子が数匹。大体、小さいまま変態した個体は陸に上がるイメージです。強めにエアレーションをかけて育てている幼生は1匹も陸に上がろうとしないのでエアレーションも重要なのかも?

なので、陸棲飼育と水棲飼育を堪能で来て一度で二度おいしい! …な訳も無く、かなり面倒でしたね。 

やっぱり水棲の方が餌食いも良いですし、管理も楽です。陸に上がった個体は餌もそうですし、今後また水に戻す時に気を遣うので…。

で、結局陸に上げた個体が何匹か拒食や脱皮不全で落ちてしまったので、どうしたものかと考えた末にもう一度水場のみのケージに戻し、水棲飼育に切り替えました。失敗したら溺れて落ちるので不安でしたが、水草を多めに入れて足場を作っておいたら結局そのまま水棲に。

Triturus_cristatus_008.jpg

Triturus_cristatus_009.jpg

そして今年も2016CBとして数が出たので育てています。もう完全に水棲ですね。クシ系の中で一番幼生飼育も楽なイメージなので数が残り過ぎて困ります(笑)

また昨年生まれの2015CBも大分大きくなっているので、来期の繁殖に使えそうです(来期は繁殖狙わないと思いますが…)

<飼育環境>
プラケ(36.5cm×21.5cm×25.0cm)・床材(大磯砂(小))・シェルター(石)・機材(水心SSPP-3S+水作エイトM)・餌(レプトミン)・その他(アナカリス)

2015年04月03日

ホクオウクシイモリ (Triturus cristatus)

順調に毎日産んでおります。

Triturus_cristatus_004.jpg

♂はクレストもあるので見栄えも映えます。ダニューブよりもかっこ良いイメージ。

Triturus_cristatus_005.jpg

♀はなんの変哲もない感じ。まだ産卵中なのでお腹ぷっくりしています。

Triturus_cristatus_006.jpg

Triturus_cristatus_007.jpg

しかし、クシ系なので孵化率は悪いですね。染色体の問題で50%が孵化前に死亡しちゃうんですが、うちでは40%位の孵化率位…。

孵化しない卵は水カビに覆われるので直ぐに分かるんですが、正常な卵もまきこむので面倒でも1葉、1卵切り取って、幼生になる前に発生のあった順に10〜12匹でタッパーやプリンカップに分けていきます。個人的にはプリンカップよりもタッパーの方が積み重ねられるので管理し易いです。

また、思ったよりも幼生が弱い…。他の幼生達みたいに水換え時に全部換えるとストレスなのか簡単に落ちてしまいます。なので今は極力スポイトでゴミを取り、少しだけ水を換える方向にしています。水が合わないと尾尻が曲がったり、切れたりするので…。

餌食いはブラインを食べていますので安心はしています。親も状態良く、ピンセットからレプトミン爆食してくれるので飼育は楽です。

100匹位は採れたのでクシ帝国でも作りましょうかね…(笑)

<飼育環境>
水槽(30cm×30cm×30cm)・ハープネット60・水心SSPP-3S+水作スリムエイト・石・大磯砂・アナカリス(水草)
<餌>
レプトミン

2015年03月04日

ホクオウクシイモリ (Triturus cristatus)

hokuou_001.jpg

hokuou_002.jpg

hokuou_003.jpg

有尾の繋がりのオフ会で数名の方に沢山飼育し過ぎて大丈夫ですか? と、呆れられ心配されましたが、何気にもう少しだけ公開していない種がいたりします(汗)

ホクオウクシイモリ(キタクシイモリ)です。状態良好のペアを割と前にに導入していました。この種はかなり憧れの種でしたので導入出来た時は凄く嬉しかったのを覚えています。

ノルウェーの方にもいる種で、もっとも北方に分布している両生類、有尾らしいです。そう考えると凄いなぁとか思いながらぼーっと水槽の前で眺めていられます(笑)

クレストも出していますが、迫力ありますね。やはりクシはクレストが出てこその有尾です。繁殖行動も♂がずっと♀にアピールしていると思ったら、本日卵を産みました! わーい。

最近はあまり見かけない種なので、うまく有精卵であったら良いなと思います。それにしてもユンウと比べると半分も大きさ無いので孵化するのか怖いです。

飼育はダニューブ他、クシイモリと同じ形で大丈夫そうなので、まぁ給餌時のやりあいだけ気を付ける形ですかね。

最近、ダニューブ君がやりあいで1匹が拒食になって痩せてきていたので、個別飼育で回復させましたが、水棲種の場合やりあいからの裂傷→水カビ→拒食が落ちるパターンなので気を付けたいですね。

あと、今日は仕事の合間に中野ハチクラへ餌を買いに。ぴーなっつ!さんにもお供して頂きました。色々、飼育環境や床材のお話をお店で聞けたので良かったです。帰りにお茶して有尾談義も出来たので良かったです。

<飼育環境>
水槽(30cm×30cm×30cm)・ハープネット60・水心SSPP-3S+水作スリムエイト・石・大磯砂・アナカリス(水草)
<餌>
冷凍赤虫・レプトミン