2016年08月23日

ベトナムコブイモリ (Paramesotriton deloustali)

Paramesotriton_deloustali_001.jpg

Paramesotriton_deloustali_002.jpg

ベトナムのタムダオ山脈に分布する、Paramesotriton属の中ではかなりのレア種になります。国内への入荷はほぼ無く、現地でも数が減っているみたいです。お値段も1匹でPS4以上しますが、そもそもこんな所に採取に行くのも大変なので(笑)

ベトナムは殖やしたい種です。ただ、親の状態が良ければ殖やせる(産ませるだけなら)自信はありますけど(笑)産卵までの持ち運び方は、他のParamesotriton属と一緒で問題無いとは思うのですが、やはり問題は上陸幼体ですね…。

国内にはインボイスはベトナムコブイモリで来ても、ユンウ(Paramesotriton yunwuensis)やコワンシーコブイモリ(Paramesotriton guangxiensis)の事が多いみたいですが、今回の個体はロカリティも特徴も完全なベトナムコブイモリなので、大事に飼育しようと思います。

とにかくまずは、飼育環境に落ち着かせてじっくり観賞を楽しみたいと思います! うちのラオスよりも大型なので観賞にももってこいで、ずーっと水槽前で見てられます(笑)大型のコブイモリは観賞にも向いてますからね。

飼育環境は下記に書いたものは繁殖用で、今現在は30cmキューブで雌雄個別に管理しています。餌もメダカや小赤をあげていたら、水棲種はたまに突然死してしまう個体が出ていたので、基本的には人工飼料と虫にしています。

<飼育環境>
ケージ(43.5cm×34.5cm×26.0cm)・床材(大磯砂(中))・シェルター(流木等)・機材(水心SSPP-3S+水作フラワーDX)・その他(ミクロソリウム)・餌(オタマ、メダカ、人工飼料)

posted by moi at 02:12| Comment(2) | ベトナムコブイモリ