2015年08月22日

ブチイモリ (Notophthalmus viridescens viridescens)

Notophthalmus_viridescens_viridescens_008.jpg

Notophthalmus_viridescens_viridescens_009.jpg

Notophthalmus_viridescens_viridescens_010.jpg

飼育難易度は、楽だと言われていますが何度も言います…

かなり大変です。

安価なイモリなので、入荷状態も良くない場合も多く、導入しても餌を食べない個体はほぼ落ちてしまいますし、それ以外にも多々あります。

幼体(レッドエフト)が陸で、親が水棲種っぽく認知されてますがアダルトでも陸が無いとまず溺れて落ちます。感覚的にはオキナワシリケンを飼育する様にアクアテラが一番良いかと。繁殖を考えないなら、水場を無くして陸飼いが一番安定するかと思います。

自分は繁殖狙いなのですが今は、陸オンリーで飼育しています。案外皮膚も弱いので、まめに掃除出来る様に床材は大磯でやってます。

給餌はすぐ痩せるので、割と感覚は短く与えています。主に、ハニワとレプトミン、たまにイエコ。

亜種のセントラル(N.v.louisianensis)、ペニンシュラ(N.vpiaropicola)は陸場に殆ど上がらず、水中で生活していますが、結構亜種間でも違いがあるみたいですね。

まぁ、繁殖出来たにしてもあの小さい幼体をみちゃうと、うーん…って感じですけど。一度はレッドエフトを自分の手で拝みたいものですが。

posted by moi at 23:28| Comment(0) | ブチイモリ(基亜種)

2015年04月25日

ブチイモリ (Notophthalmus viridescens viridescens)

Notophthalmus_viridescens_viridescens_007.jpg

本日2記事目です。実は記事は色々溜まってるんですが、アップする時間が無いので…。時間が出来た時は一気に上げていきます(笑)

周りの有尾愛好家のトラウマ、ブチイモリです(汗)

今度記事にしますが、亜種のセントラルですら自分はすでに半分落としています(残りはほぼ安定していますので今後にご期待下さい(笑))

今回の記事は基亜種のブチイモリですが、安価なイモリなので着状態が悪いというのが一番の要因で他はまだ分からないのですが、facebookやtwitterなんかで海外にてブチを飼育している方の情報を見たりした感じ、単独飼育もかなり有効な手だと分かりました。後は、水温は低ければ陸に上がろうとしないので、壁上がりが減るって所でしょうか? 壁上がりはそのまま張り付いて肌へダメージ受けたり、水面へ落ちたりするのがストレスになったりするイメージがあるので。餌食いもかなり重要で導入してすぐに餌を食べない個体は自分の所だと100%落ちました。

現在は上記の事ともうひとつ重要な事があるのですが、その部分を気を付けてなんとか残った個体(個体が良かっただけってのもあるのかもですが)を安定飼育しています。

そして、先日から繁殖行動(♂が♀の首や胴を後脚で絞める)的なことをしているので、ちょっと楽しみです!

この種が安定出来て、レッドエフトまで見る事が出来たら褒めて下さい(笑)

<飼育環境>
プラケ(22.5cm×15.0cm×15.7cm)・大磯砂・石・アナカリス
<餌>
冷凍赤虫・レプトミン


posted by moi at 19:36| Comment(8) | ブチイモリ(基亜種)

2015年02月13日

ブチイモリ (Notophthalmus viridescens viridescens) / WC

buchi_005.jpg

buchi_006.jpg

ブチイモリの登場です。

年末年始に立て続けてに3匹落としてしまい、もう無理か…と思っておりましたが、残り1匹を生存させるために、最善の手を尽くし、細心の注意をして飼育をした結果、なんとか1匹は状態良くキープ出来ています。

今の所の結論では、入荷状態、その後の餌食いが重要ですね。餌を食べない個体は直ぐに落ちてしまいます。

そういえば、先日師匠の飼育していた通年陸棲み形態のブチイモリを譲って頂き飼育しています。陸棲みのが個人的に安心出来てしまいますが、本来は水棲みのが安定出来るはずなんですよね…。

まだ何か掴めている訳ではないですが、水棲飼育の場合は思い切って陸場を無くして水量多め、アナカリス等の水草も多めで足場を作る形の飼育が良さそう? とは思っています。

現地に行けるので有れば、環境、水質(pH)等も調べてみたいんですけどね。

亜種のペニンシュラ(フロリダブチ)(Notophthalmus viridescens piaropicoa)は今現在もかなり強い個体みたいですね。いずれこちらも飼育してみたいとは思っています。

とにかく、幼体のレッドエフトが見たい…。

頑張ります!

<飼育環境>
水槽(30cm×30cm×30cm)・ハープネット60・水心SSPP-3S+水作スリムエイト・石(陸地)・大磯砂・アナカリス(水草)
<餌>
冷凍赤虫・ハニーワーム

posted by moi at 21:42| Comment(2) | ブチイモリ(基亜種)