2016年09月20日

オオイタサンショウウオ (Hynobius dunni)

Hynobius_dunni_001.jpg

Hynobius2種目。何気にHynobiusは国内…現場で見られるので飼育数は少ないです。

今回は、SNSで知り合った国内でオオイタを殖やしている方とトレードしてもらい幼生を飼育しておりました。この忙しい時に幼生を増やす自分に馬鹿だなぁと言ってやりたい!!(笑)

だって親個体見たら、めちゃくちゃ綺麗でしたから(笑)

うちに来たのが、4月で7月中旬からから上陸し出しました。上陸後の幼体はとても綺麗で感動しました。オオイタは飼育下でも殖やせる種の様なので、まったりやっていけたらなぁと思います。

<飼育環境>
タッパー(小)・餌(イエコ・冷凍赤虫)

posted by moi at 18:10| Comment(0) | サンショウウオ科(全種)

2015年02月20日

エゾサンショウウオ (Hynobius retardatus)

ezo_001.jpg

ezo_002.jpg

初サンショウウオです(笑)

昨年は自分の中で、知識、経験の部分でサンショウウオには手を出さないと決めごとがありましたが、本年は解禁にしています。

この子達は師匠が幼生から飼育していた個体です。

とにかく、幼生から飼育されていたので人間にベタ慣れで可愛いです。WCはそうはいかないらしいですが(笑)

元々、サンショウウオを最初に飼育するならエゾが綺麗で飼育したいと思っていたので嬉しいです。

これからもっとサンショウウオの勉強も沢山して、更に知識を身に付けて行こうと思っています。机上の空論よりも実体験ですしね。

それに、サンショウウオは国内種ということもあって、生息環境も外国種に比べたら見やすいので助かります。今後は保護活動も含めて、国内種位は自分で動ける部分は動いて生体を守っていきたいですね。

<飼育環境>※個別飼育
プラケ(17.5cm×10.5cm×10.5cm)・大磯(中粒)・ポトス
<餌>
レプトミン

posted by moi at 10:55| Comment(2) | サンショウウオ科(全種)