2017年01月26日

ラオスコブイモリ (Laotriton laoensis) / 2016CB

Laotriton_laoensis_005.jpg

チビラオス、超可愛いです!

Laotriton_laoensis_006.jpg

大分、大きくなってきました!

今期は5匹しか孵化しなかったのですけど全て無事に育っています。うち2匹はとんぶり市で、良い飼い主様の元に…。

一般的に難しいと言われているParamesotriton属(…じゃなくなっちゃったけど)の幼体飼育ですが、色々成功している方に聞くと2パターンに分かれています。

パターン1・陸に上げずにそのまま水中飼育。
パターン2・上陸させて飼育(野生下では本来こちら)

1パターン目は生体が適応出来た場合、メリットがかなりあるのですが幼体が溺れて死ぬ個体が割と出てしまいます。メリットは餌食い、管理が楽という事ですね。脱皮不全や拒食も皆無になる所が良いと思います。

2パターン目は本来の野生での状態に近いので安心できる面もありますが、餌を食べない個体が出るという事ですね。また上陸後の幼体で皮膚病になるとほぼ落ちるのでその点も安心できません。

Paramesotriton属に限った事では無いですけど、水温さえ調整できるなら、水棲飼育できる種は割といます。マダラ、イボイモリなんかも通年水棲飼育は可能です。特にEUのブリーダーさんはミナミイボイモリを年中水棲でやっている方もいるみたいです。

自分も今期は数が出たのもあり、マダライモリ、イボイモリは水棲で何匹か試しています。

良く、CBだから〜とか言われますが、現場では飼育下の様に水棲の方に偏って生活する個体もいますので、その点はなんとも言えないです。実際、WCのミナミイボイモリ数匹はもう8ヶ月も水棲でやれてます。

話がそれましたが、ラオスコブイモリは本当に良い有尾だと思います。自分も大好きなので、なんとかまず今期の幼体を大きくしてCBの安定化を狙いたいと思います。

Laotriton_laoensis_007.jpg

ケージはこんな感じでシンプルにやっています。これで半年間落ちてないので今の所安心かな。

<飼育環境>
ケージ(29.0cm×19.0cm×21.0cm)・床材(黒スポンジ)・シェルター(植木鉢等)・その他(水苔)・餌(某餌、イトメ)
posted by moi at 16:17| Comment(5) | ラオスコブイモリ
この記事へのコメント
相互リンクのお願い

はじめまして、「イモリ飼育生活ブログ」を運営している無重力の騎士です。

突然ではありますが相互リンクのお願いに参りました。


当サイトはイモリに関連の記事を月に1回の更新をしているブログです。
まだ開設して5ヶ月と歴史の浅いブログですが、これからもコツコツと続けていく予定です。

もしよろしければ相互リンクをお願いします。

貴サイトのリンクはサイドバーの相互リンクに設置させていただきました。

サイト名:イモリ飼育生活ブログ
http://nihonimori.blog.fc2.com/

ご検討、よろしくお願いします。
Posted by 無重力の騎士 at 2017年01月28日 08:12
幼体の飼育が順調そうでなによりです。
ただ…気難しい幼体なので色々な試行錯誤があったことと思います(T_T)

もう少し幼体時の飼育が確立されれば、コブイモリ等を色んな方におすすめしたいのですが…(^_^;)

Posted by クラック at 2017年02月08日 07:50
●無重力の騎士さん

初めまして! ブログ見させて頂きました!
イモリ好きで親近感がわきました^^
Posted by moi at 2017年02月09日 16:14
●クラック兄さん

いやはや、クラックさん程じゃないです。ラオスもユンウも苦戦苦戦の連続です。
偶然、餌を食べ続けてくれる個体を引き当てるゲームみたいになってます(汗)

幼体も可愛くて良いんですが、餌食いだけが…
Posted by moi at 2017年02月09日 16:16
こんにちは。すくすく育ってかわいいですね。
出品されてるの拝見致しましたが(汗)今回は怖気づいて入札控えました(笑)でもいつかは!
Posted by Beh at 2017年11月10日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: