2015年03月01日

シセンイボイモリ (Tylototriton wenxianensis)

shisen_005.jpg

shisen_006.jpg

久しぶりに給餌時に撮ってみました。殆ど日常は見掛ける事のないシセンさん。たまに、夜中や朝方に急に電気を付けるとシェルターから出ていますが、明るくなるとすぐに隠れてしまいます。

見た目が格好良いので、もっと歩き回る姿を見たいのですが(汗)

まぁ、状態としては餌喰いも安定しているのでいいかなと。導入当初は大変でした…。

♂を直ぐに落としてから、♀を安定飼育出来な無いなら再導入しないと決めていましたが、飼育も安定出来る様になったので今シーズンに入荷があったら♂もむかえてペアにしてあげ様かと思っています。

その前にまだ紹介していない子達を早く記事にしないとですけどね…(汗)

<飼育環境>
プラケ(36.5cm×21.5cm×15.5cm)・赤玉土・水苔・ウェットシェルターM・ポトス
<餌>
レプトミン・ハニーワーム
posted by moi at 14:07| Comment(4) | シセンイボイモリ
この記事へのコメント
シセンはゴツゴツ感がかっこいいですよね♪
以前、飼った事がありますが、ホントに動かなくて、シェルターからも出てこないし、もうちょっとアクティブな動きが見られるとよいのですがね〜。
うちも、落としてしまったので、moiさんに期待しております(((o(*゚▽゚*)o)))笑
Posted by ミケ at 2015年03月02日 10:25
たしか治療にテラマイシンをお使いになられたんですよね。昨年に原付でコケて結構なケガをした際に入手したゲンタシンが多量に残っていまして,こいつも使えるようです。イモリたちのために,大事に取っておこうと思います。人間への効能はバッチリでした。さすが処方薬。
Posted by シゲル at 2015年03月02日 20:44
●ミケさん
以前飼育されていたんですね! ミケさんも是非リベンジを(笑)
見た目が本当にかっこいい種ですよね、全く動きませんけど(汗)
なんとか繁殖まで頑張ってみたいです!
Posted by moi at 2015年03月04日 00:17
●シゲルさん
テラマイシン使いました〜。あれがなかったらこの子は
今ここにいないと思います…。本当に万能なお薬だと思います。
ゲンタシンも確かに良く聞きますね〜。お互い、陸棲種の
皮膚病には気を付けましょう(^−^;
Posted by moi at 2015年03月04日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: