2016年03月31日

マダライモリ (Triturus marmoratus)

Triturus_marmoratus_006.jpg

Triturus_marmoratus_007.jpg

Triturus_marmoratus_008.jpg

水棲バージョンのマダラさん。

初入水も上手くいきまして、結果は誕生2年目にて繁殖に成功しました。流石に無精卵かと思いましたが、無事発生しておりました。

マダライモリは、思い入れのある子達なので凄く嬉しいですね。

正直、数で押し切った所(雄5・雌3)もあるのかもしれませんが、産卵数もやばくて500〜800位産んでる様な…。現在の繁殖状況を考えるとどうしよう…と(汗)

いつもは喜んでぶどう狩り(卵採取の事です)をしていますが、有る程度採取した後はなんとなく放置しています(笑)

クシ系は今期は豊作? で、アルプスクシ、トルコクシ、ホクオウクシと産んでくれています。CB個体が主ではあるのですが、この辺りはもう冬に無加温で室内飼育ならクーリングいらないかと…。むしろクーリングの為に野外飼育したダニューブクシイモリは調子を崩して、餌食べなくなったりと散々でしたので。

産卵スイッチは大体の種と同じで水換えにて水質変化させてあげると産みやすい感じでした。

Triturus_marmoratus_009.jpg

産卵ケージはこんな感じ。アナカリス(水草)沢山と中央にシェルター代わりの流木。陸は使い勝手の良い亀の浮島です。床材に滑らない様に大磯(中)を軽くひいてあります。

それにしても今期の繁殖種が10種を超えてきたのでそろそろ計画性を持たせないとやばいですよね…。

2016年03月14日

マーブルサラマンダー (Ambystoma opacum)

Ambystoma_opacum_001.jpg

紹介し忘れていましたが、マーブルさんです。

これだけ色々飼育していたのにお迎えしたのはごく最近でして(笑)この子達は東北のショップ様とうちの他の生体をトレードにて交換してもらいました。

見た目が綺麗なので飼育している方も多いですよね。導入当初だけ神経質ですが、そこはAmbystoma。落ち着きさえすれば餌食いも問題無さそうです。

Ambystoma_opacum_002.jpg

基本的にマメに床材を洗うので、草等は入れてもポトスか造花なのですが最近は潜り系にはハイゴケを使用しています。

クラックさんの飼育環境を参考に、頑張って飼育していこうと思います!

繁殖は狙うの大変そうなので同じ狙うならスポットの方かなぁ。

<飼育環境>
フラット(36.5cm×21.5cm×15.5cm)・床材(大磯砂(小))・シェルター(コルク、石)・餌(イエコオロギ)・その他(水場有り、ハイゴケ)

posted by moi at 22:50| Comment(3) | マーブルサラマンダー