2016年01月24日

セントラルイモリ (Notophthalmus viridescens louisianensis)


ブチイモリの亜種で殆ど出回ったことが無いレア種です。国内に殆どいない種というのと、ブチイモリということで、気を遣って飼育しています。導入当初、8匹いて着状態が悪い個体は早々に4匹落ちてしまいましたが、残り個体は元気で奇跡的に2ペアいたので繁殖を狙っていました。

大事に飼育していたので、個体もかなり大きくて丈夫な感じになりました。

基亜種のブチイモリと比べて、陸場も用意していますが殆ど上がらないです。餌は冷凍赤虫、人工飼料を与えていますが、食べ過ぎてる様な気もしているので最近は控えめにしています。

給餌時、上を見上げて来るし可愛いんですけど、ブチイモリの脆いイメージがあっていつもドキドキしているので、精神衛生上は良くないです(笑)

Notophthalmus_viridescens_louisianensis_006.jpg

Notophthalmus_viridescens_louisianensis_007.jpg

繁殖行動中の個体。雌に群がりまくり(笑)画像が粗いのは刺激しない様に撮影したのと、プラケの為です。雌の首を雄が後脚で絞めて求愛行動を取るのですが、際限なくやっているので有る程度したら雌を隔離しました。

Notophthalmus_viridescens_louisianensis_008.jpg

Notophthalmus_viridescens_louisianensis_009.jpg

雄は繁殖期になると尾が凄く大きくなります。尾以外にも脚先の爪も発達してきます。

Notophthalmus_viridescens_louisianensis_010.jpg

Notophthalmus_viridescens_louisianensis_011.jpg

♀はかなりお腹が大きくなってきたので、隔離して産卵してもらっています。思ったより数を産む感じでなくポツポツ産む感じですね。産卵床にはアナカリスを使用しています。

Notophthalmus_viridescens_louisianensis_012.jpg

この様な物を雄が求愛後に落として、雌が吸収します。

Notophthalmus_viridescens_louisianensis_013.jpg

卵はクシ系と同じく真っ白。無事、発達してきたので有精卵の様です。

Notophthalmus_viridescens_louisianensis_014.jpg

孵化が始まりました。親種も小さい為、幼生もかなり小さいです。今後の上陸が怖いですね(汗)

<飼育環境>
ケージ(29.9cm×19.2cm×20.1cm)・床材(大磯砂(小))・シェルター(陸場として亀島)・機材(水心SSPP-3S+水作スリムエイト)・その他(ポトス、アナカリス)・餌(レプトミン、冷凍赤虫)

posted by moi at 02:12| Comment(8) | セントラルイモリ

2016年01月21日

ブロッチタイガーサラマンダー (Blotched tiger salamander)

Blotched_tiger_salamander_002.jpg

Barred tiger salamanderの亜種になります。タイサラは分類的には、

独立種 ・トウブタイガーサラマンダー (Ambystoma tigrinum)
独立種 ・カリフォルニアタイガーサラマンダー (California tiger salamander)
独立種 ・プラトータイガーサラマンダー (Ambystoma velasci)

基亜種 ・オビタイガーサラマンダー (Barred tiger salamander)
亜種  ・ハイイロ(グレー)タイガーサラマンダー (Gray tiger salamander)
亜種  ・ブロッチタイガーサラマンダー (Blotched tiger salamander)
亜種  ・アリゾナタイガーサラマンダー (Arizona tiger salamander)
亜種  ・ソノラタイガーサラマンダー (Sonoran tiger salamander)

だったはず(うろ覚え)

その中でもレアなのが、プラトータイガーサラマンダー (Ambystoma velasci)、ソノラタイガーサラマンダー (Sonoran tiger salamander)になります。

まぁ、オビとトウブ以外は全て中々見る事が出来ないんですけどね。交雑種が激しいのもこの種の特徴で、同定しにくい所もありますね。

カリフォルニアタイガーサラマンダー (California tiger salamander)は、画像等で見掛ける事は多いですが、飼育するとなると、現地の保護が凄いのでタイサラ中一番レアなのかも。

餌食いも良い(突撃し過ぎて怖い)し、餌クレもするので見ていて癒されます。普段は大きいといってもラオス位の種を飼育しているのでタイサラだけは毎回新鮮な気持ちで飼育しています。

Blotched_tiger_salamander_001.jpg

タイサラは20年位飼育しているベテラン飼育者様の意見を聞いても飼育し易い種らしいので、安心してお勧めしておきます(笑)

<飼育環境>
ケージ(43.5cm×34.5cm×19.8cm)・床材(大磯砂(中))・シェルター(コルク)・その他(水場を作り湿度は高め)・餌(レプトミン、イエコオロギ、たまにハニーワーム)

2016年01月16日

イベリアファイアサラマンダー (Salamandra salamandra bernardezi)

Salamandra_s_bernardezi_005.jpg

Salamandra_s_bernardezi_006.jpg

Salamandra_s_bernardezi_007.jpg

夏ぶりの登場ですね。イベリアファイア…実は導入後直ぐに脱皮不全から皮膚病になってしまい、完治させるのに大分時間が掛かりました…。肌が他のファイアよりも弱いイメージです。

動きなんかは他のファイアよりも元々小型種なのも有り、俊敏で良く動くんですけどね。

餌食いに関しては他のファイアよりも貪欲な感じでどんどん食いついて来るので、ピンセットで怪我をしないか心配しています(笑)

飼育環境は床材に炭化コルクを使用していますが、今後は多分メンテが楽な様にスポンジ飼育に切り替えていく予定です。

<飼育環境>
ケージ(36.5cm×21.5cm×15.5cm)・床材(炭化コルク)・シェルター(ウェットシェルター(M))・その他(水入れ有)・餌(レプトミン)