2015年08月27日

ウーファイイモリ (Cynops glaucus)

Cynops_glaucus_001.jpg

Cynops_glaucus_002.jpg

Cynops_glaucus_003.jpg

Cynops_glaucus_004.jpg

割と前からいたのですが、紹介しそびれました。久々のイモリ属(Cynops)の紹介です。

Cynops fudingensisや、Cynops orphicusと並んで流通にほぼのらない種になります。国内初流通、2ペアのみ…だったはず。

学名で存在は知っていましたが、まさか飼育できるとは思ってもいませんでした(画像は新種登録されたやつで見てました)

中国の限定的な一部、広東省・蓮花山(LIANHUASHAN)にしか生息しておらず、現在は現地での環境面(ゴルフ場建設、水質汚染等)も含めて絶滅の危険がかなり高い種になっているみたいです。すでにCynops wolterstorffi、Cynops chenggongensisは絶滅したと考えられていますので、それに次いでこのウーファイとフーディンが危ないみたいですね。

こういった種がどういう形で国内に入っているのかは気になりますが、それを考え過ぎると飼育が出来なくなるので、国内に入った(入ってしまった)のであれば愛好家で技術が有る方が飼育、繁殖をするべきだと考えています(自分に技術があるとはまだ言えませんけどね)

今回、奇跡的にペアでいたりするので、繁殖させてCB可できる様にしたいですね。

見た目は、ハナダより皮膚感がスベスベしていて、色はオレンジ色が強い感じです。お腹の模様も面白いです。ハナダイモリ+コワンシーコブイモリのイメージ。

綺麗な個体なので大事に飼育しようと思います。繁殖も他のイモリ属(Cynops)と同じ様なイメージで大丈夫かな…と。

生息地の現地も場所的には行き辛い場所では無いので、今年の有尾観察中国旅行(予定)で見て来れたらとは思っています。

posted by moi at 23:55| Comment(6) | ウーファイイモリ

2015年08月22日

ブチイモリ (Notophthalmus viridescens viridescens)

Notophthalmus_viridescens_viridescens_008.jpg

Notophthalmus_viridescens_viridescens_009.jpg

Notophthalmus_viridescens_viridescens_010.jpg

飼育難易度は、楽だと言われていますが何度も言います…

かなり大変です。

安価なイモリなので、入荷状態も良くない場合も多く、導入しても餌を食べない個体はほぼ落ちてしまいますし、それ以外にも多々あります。

幼体(レッドエフト)が陸で、親が水棲種っぽく認知されてますがアダルトでも陸が無いとまず溺れて落ちます。感覚的にはオキナワシリケンを飼育する様にアクアテラが一番良いかと。繁殖を考えないなら、水場を無くして陸飼いが一番安定するかと思います。

自分は繁殖狙いなのですが今は、陸オンリーで飼育しています。案外皮膚も弱いので、まめに掃除出来る様に床材は大磯でやってます。

給餌はすぐ痩せるので、割と感覚は短く与えています。主に、ハニワとレプトミン、たまにイエコ。

亜種のセントラル(N.v.louisianensis)、ペニンシュラ(N.vpiaropicola)は陸場に殆ど上がらず、水中で生活していますが、結構亜種間でも違いがあるみたいですね。

まぁ、繁殖出来たにしてもあの小さい幼体をみちゃうと、うーん…って感じですけど。一度はレッドエフトを自分の手で拝みたいものですが。

posted by moi at 23:28| Comment(0) | ブチイモリ(基亜種)

2015年08月19日

メキシコサラマンダー (Ambystoma mexicanum) / Axolotl

Ambystoma_mexicanum_001.jpg

Ambystoma_mexicanum_002.jpg

武蔵野水族館の崩れさんから、CBを譲って頂きました。実はかなり前にうちに来ていましたが、中々紹介できずにすいませんでした(まだまだ紹介出来てない種が色々いるんですが(汗))

有尾類の中では、アカハライモリと並んでのメジャー種です。

このブログを見に来てくれている方はご存じだと思いますが、本家メキシコサラマンダーではありません。大本はメキシコサラマンダーなのですけど、国内で出回っている個体はほぼ、ウーパールーパーと呼ばれる個体になっています。この、ウーパールーパーですが、色々歴史があり過去に交配やらされて人の手で作出された個体になります。

ウーパーをメキシコサラマンダーと呼ぶのには違和感がありますが、一応表題はそう付けてあります。本来はアホロートル…AxolotlかMexican Axolotlと付けた方が良いのかもしれませんが。

ウパさんはリューシが2匹います。餌食いも愛想も良いので大事に飼育しています。飼育環境がもっと取れるなら他の色も飼育してみたいんですけどね。

あ、質問されたのでひとつ。最近の記事から飼育環境を書いてませんが、訳あって書くのを一時的にやめています。飼育環境については正解はあっても大正解は無いのです。割と聞いてくる方って大正解を求めてしまうので…。

ただ、個別にメール等頂けたらお返事は致しますので、飼育の事でお聞きしたい場合はメールなり下さい。

posted by moi at 01:56| Comment(2) | メキシコサラマンダー